猫さんの花粉症について

こんばんは。動物病院京都 ねこの病院 副院長の小川 修平です。
当院は京都市上京区にある猫専門の動物病院です。

この子は当院待合室のキャットウォークにいる、「おきばりやす舞子」ちゃん(通称 まいちゃん)のお仕事後の姿です。
病院の看板猫としていてくれるだけでなく、輸血が必要になった猫さんに血液を少し分けてくれる供血猫としても活躍してくれています!

最近、くしゃみや鼻水、咳で来院される猫さんが多いです。
子猫さんが多い時期で、猫風邪という細菌やウイルスが悪さをする鼻炎や気管支炎の場合も多いですがそれ以外の原因の場合もあります。
特にこの時期特有の「花粉症」により鼻炎や気管支炎の症状が出ることがあります。
花粉症、、、とてもつらいですよね。自分もヒノキアレルギーなので春~初夏にかけて鼻水がだらだら出ます。
本日はそんな猫さんの花粉症についてまとめてみました!

・症状
くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、皮膚のかゆみが多いです。
猫さんは目や鼻以外にも皮膚に症状が出る場合が多いので要注意です!
特徴としては、毎年特定の時期に症状が出る、などの場合は注意が必要です。

・治療
花粉によるアレルギー反応を抑えるためにステロイド剤や抗ヒスタミン薬を使用します。
ただし、花粉症と診断するのが難しいため他の病気でないことを確認していくのも大切です。

・予防
猫さんは人間と違いマスクができないので、それ以外の予防法が必要になります。
人間でも同じですが、部屋に入る花粉の量を減らすために、衣服をよく掃ってから室内に入る、洗濯物を取り込む際にもよく掃う、などが大事です。
また、室内で飛散する花粉の量を減らすために掃除をこまめにすることも大事です!

以上、猫さんの花粉症について簡単にまとめてみましたが、上記の症状で、実はウイルスや細菌が悪さをしていることなどもありますので症状がひどくなる前に一度ご相談ください。

花粉も病気も予防して猫さんと楽しい時間を過ごしましょう!

動物病院京都 ねこの病院
副院長 小川 修平

私が猫さんについて思うこと Part1

こんにちは。ねこの病院 副院長の小川 修平です。
京都市上京区にある猫専門病院で火曜日と金曜日に診察をさせてもらっております。

最近はコロナの影響か病院の外を出歩く人も少なく寂しく感じます。
毎年この時期はお花見や観光でもう少し街は活気付いているのにな~としみじみ思います。
早くコロナが落ち着いて普段どおりの日常に戻って欲しいですね。
突然ですが、外出自粛で休みの日は自宅で愛猫観察しているためなぜ猫さんはこんなに可愛いのかを真剣に考えてみました。

・猫さんの何が可愛いのか?
猫さんって本当に可愛くて(何回言っても言い足りないくらい)すべてが愛おしいのですが、
特に可愛いと思うのは、「目」「もふもふな被毛」「声」「性格」「匂い」です(これでもかなり絞りました)。

・目
猫さんの目、特に虹彩という部分はどんな綺麗なアクセサリーよりも魅力的に思います。ちなみに色には7種類あると言われており、左右の色が違うのはオッドアイと言われています(オッドアイの中でもダイクロイックアイというすごく珍しいパターンもあります。)。
ちなみにうちの小川おたまさん(1歳半の女の子)はきれいなグリーンです。

 

・もふもふな被毛
猫さんの被毛、ついつい顔をうずめたくなりますよね(私は毎朝毎晩お腹に顔をうずめています)。
なんであんなにもふもふなんだろう?また、毛めちゃ抜けるやん!と日々思われる方も多いのではないでしょうか?
それもそのはず、猫さんの身体には約100万本の被毛が生えています!(人間の髪の毛が10万本程度)
ひとつの毛穴から6本も毛が生えているそう、、、
なのであれだけ抜けても、もふもふのままなんですね~!

 

・ 声
猫さんってめっちゃいい声してますよね。ゴロゴロだったりニャーだったり。
猫さんの鳴き声ってリラックス効果があると思っています。
おそらく、母性本能をくすぐるような周波数に違いないでしょう。
あの声を聞くだけで、たとえ自宅の猫さんがダンボールを散らかしたり、畳んだ洗濯物をくちゃくちゃにしたりしても許してしまいます。

・性格
性格も最高ですよね。付かず離れずな感じで大好きです。
どうやら、猫さんは人間のことを大きな猫だと思っているそうですね。
ですので、猫さんは私達と対等な態度で接してくれることが多いと思っています。
上下関係とか利害関係とか無くしんどいときにも寄り添ってくれる最高のパートナーだと思っています。

・匂い
これも外し難い項目です。猫さんの毛、めっちゃいい匂いですよね。
ことあるごとについつい猫さんのお腹や首元や肉球などを嗅いでしまうのですが、なんとも表現し難い匂いがします。
毛づくろい後に日向ぼっこをした匂いなので、干したてのお布団の匂いに似ているのでしょうか?
うーん?少し違うような気もします。匂いを嗅ぐだけでめちゃリラックスしてしまいます。
ちなみにお煙草吸われる方は、猫さんのいないところで吸う努力をしてあげてください!
猫さんの被毛に煙草の成分が付着くし、その成分を毛づくろいでなめてしまい、腸のガンになりやすくなるという報告があります。

皆さんも猫さんの好きなポイントがあると思います。
私はこんなとこが好きだ、とか、うちの子はこんなところが可愛い、とかあれば何でも話してください!
可愛さ自慢し合いましょう!笑

動物病院京都 ねこの病院
副院長 小川 修平

ねこちゃんのめやに、鼻水が出ている時

こんにちは。京都市 北区にある動物病院 京都および京都市上京区 ねこの病院 獣医師 尾関 康江です。
動物病院京都 ねこの病院は京都市上京区にあり、北区・右京区・中京区からもアクセスしやすい場所にあります。
近くには北野天満宮があり、もうすぐ秋の収穫に感謝を示したお祭り、ずいき祭があるそうです。

随分と長い間ブログの更新をしておりませんでした。文才がなくいつも途中まで書いて諦めてしまっていました。
また、少しずつ更新していきますので、お待ち下さい。
今回は最近、ねこの病院で多い、結膜炎(眼脂)やくしゃみ(鼻汁)といった症状が出る”ねこ風邪”についてです。

”ねこ風邪”はFVRと略され、正式名は猫ウイルス性鼻気管炎といいます。主に猫ヘルペスウイルスⅠ型が、それに加えてカリシウイルスが複合感染して生じます。幼少期または高齢のねこちゃんに多く診られます。まず、幼少期は母猫からの移行抗体がなくなる8週齢くらいに起こります。母猫がウイルスキャリアーである場合、グルーミングによって子猫にうつしてしまいます。また、多頭飼いをされているお家では、同居ねこちゃんとの接触やくしゃみの飛沫によって感染します。また、子猫の時にかかった”ねこ風邪”が治っても、ウイルスが死滅したわけではなくて神経の神経細胞の中に潜伏しています。ですので、年齢が立った後も、加齢やストレスで免疫が下がった時にこのヘルペスウイルスが、鼻や眼から排泄され、眼脂やくしゃみが出ます。
症状が軽い場合は、外用の目薬で対応出来ますが、重い場合は発熱したり食欲が落ちますので、抗生物質の飲み薬、インターフェロン製剤、必要があれば皮下補液を行って加療をします。治療をしても治りが悪い場合は、”ねこ風邪”をおこす他の病原体を調べるために、結膜に綿棒を当てサンプルを採取し、外の検査センターへ遺伝子検査を委託する場合があります。
また、”ねこ風邪”と同じ症状を引き起こす、肺炎、気管支炎、胸水や肺水腫などが起こっている場合もありますので、そのときはレントゲン検査や超音波検査が必要になります。

幼少期は体重測定、去勢・不妊手術などで、病院に来る機会がありますが、2年目以降は病院に来るきっかけが減ってしまいます。ワクチン接種をすることで、”ねこ風邪”を完全に予防できるわけではありませんが、万が一発症しても症状が軽く、外用薬だけで対応できる場合が多いです。定期的な健康チェックも兼ねて、是非病院まで足を運んで下さい。また、なにかお困りのことや最近気になる症状があれば随時相談(お電話でも構いません)下さい。診察などですぐに対応出来ない場合もありますが、その際は診察後または折返しご連絡させて頂きます。

朝、晩と少し肌寒くなってきましたので、体調崩されませんようお過ごし下さい。

動物病院 ねこの病院
獣医師 尾関康江

 

 

リクちゃんホテル満喫中♪

こんにちは。動物病院京都 ねこの病院、動物看護師の山脇友香理です。
動物病院京都 ねこの病院は京都市上京区にあり、北区・右京区・中京区からもアクセスしやすい場所です。
近くには北野天満宮があり、観光名所としても賑わっております。
また、動物病院京都本院は北野白梅町にあり、年中無休で20:00~24:00の夜間救急診療も行っております。
夜間救急診療をご希望の場合はご来院前に必ずご連絡をお願いいたします。
TEL  075-465-3330

さて、8月も終盤にさしかかり夏休みもそろそろ終わる頃ですね。
皆様夏休み満喫されましたでしょうか?

ねこの病院ではかわいいねこさん達が連日お泊りに来てくれています!
その中で今日は初めての長期ホテル利用のスコティシュホールドのリクちゃんをご紹介いたします!!
リクちゃんは初めてのホテルにもかかわらず、とてもリラックスして過ごしてくれています。
食欲も旺盛で毎日ご飯の時間が待ち遠しそうにしています(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

たべっぷりもよく、いつもすぐに完食しちゃいます!!

おやつのチュールも大好物です★

 

 

 

 

 

 

 

今日は月に1回のレボリューション(フィラリア・ノミ予防)の日です!
診察台の上もへっちゃらです(^o^)

 

 

 

 

 

 

 

その後は診察室の匂いをクンクンしたり、抱っこしてもらってご満悦★

 

 

 

 

 

 

 

あともう少しホテル頑張ろうね、りくちゃん(=^・^=)

動物病院 京都
動物病院京都 ねこの病院
動物看護師 山脇 友香理

 

ホテルブログ ☆夏休み☆

こんにちは。動物病院京都 ねこの病院、動物看護師の山脇友香理です。
動物病院京都 ねこの病院は京都市上京区にあり、北区・右京区・中京区からもアクセスしやすい場所です。
近くには北野天満宮があり、観光名所としても賑わっております。
また、動物病院京都本院は北野白梅町にあり、年中無休で20:00~24:00の夜間救急診療も行っております。
夜間救急診療をご希望の場合はご来院前に必ずご連絡をお願いいたします。
TEL  075-465-3330

さて、7月も後半になり連日の暑さでまいっている今日このごろ。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
早くも夏休み突入の方もいらっしゃるのでしょうか。
ねこの病院もホテルのねこちゃんで賑わっております(=^・^=)

まずはベンガルMIXのゆずちゃん♪
素敵なキャリーがベッドのようでお気に入りの様子☆
くつろぎモードのゆずちゃんを御覧ください!

写真を撮ろうと近づくとおしゃべりしながら「かまって~」と可愛くアピール(^o^)
カメラのレンズに近づきすぎてこのドアップ・・・

持ってきたおやつをチョイチョイ・テイテイ遊んでます!

その後は美味しくいただきました♪

 

続きましては~メインクーンのメイちゃん♪
初めて当院でのお泊まりですが、とてもおりこうさんです(=^・^=)
ちょっと大きいカメラにビックリ!
でも美人さんに映るからね~(*^^*)

お耳掃除とブラッシングのあと、スタッフにナデナデしてもらって気持ちよさそうなこの表情!

ホテルもう少しあるけど、頑張ろうねメイちゃん☆

8月のホテルも空室が残り僅かな日も出てきてきました。
ホテルご希望の場合はお早めにご予約の方お願いいたします。

動物病院京都
動物病院京都 ねこの病院
動物看護師 山脇 友香理

ホテルブログ ☆マイペース☆

こんにちは。京都市上京区にある動物病院 京都 ねこの病院、動物看護士の大橋真美です。
本院である動物病院 京都は北野白梅町駅目の前、西大路通り沿いに面したところにあります。

本日のホテルブログです(*^_^*)
MIXねこちゃんのアイコちゃん☆素晴らしい毛並に愛らしいフォルムで大橋の中でのアイドルです☆
定期的にホテルに来てくださいますが、いつも定位置はこの部屋の扉の前、、、!

扉があくのを今か今かと待ち構えております、、!!
外来が落ち着いた時間にアイコちゃん待ちに待った自由時間です(^O^)

まずは、よっこいしょっと扉からおりて、、、


床のにおいをかぎかぎ、、、


床に自分の匂いをすりすり、、、


すりすり、、、

なんとアイコちゃん、ねこちゃんでは珍しく、抱っこが大好きなようで、お母様から
お手すきであれば、抱っこしてあげてくださいとお伺いしておりましたので、だっこタイム☆☆

せんせ~い!いつもありがとうね~とちゅちゅ☆☆

次は大橋がだっこタイム☆☆

耳食べられました(^○^)笑

ホテル楽しもうね~~(*^_^*)

動物病院 京都
動物病院 京都 ねこの病院
動物看護士 大橋 真美

ねこ病院の本棚

こんにちは。京都市上京区にある動物病院 京都 ねこの病院、動物看護師の大橋真美です。
本院である動物病院 京都は北野白梅町駅目の前、西大路通り沿いに面したところにあります。

4月も半ばにさしかかり、だいぶ暖かくなってきました。
花粉はいまだに飛んでいるようで目と鼻がかゆい毎日をすごしております・・・。

さて今日は、ねこの病院にある本棚の本についてご紹介いたします。
ねこの病院の待合室には本棚がおいてあるのをご存じですか?
ここにおいてある本はすべてねこちゃんに関する本です(*^_^*)
ねこ病院が開院する際に、本屋さんで自分が気になる本をチョイスし購入いたしました。

いくつかご紹介したい本があるのですが、一番気になったのは、
ねこちゃんの柄を紹介した本です。
写真や文章など載せると著作権の問題があるようなので載せませんが、
この本はとても素晴らしいです!

サバトラといっても、いろいろなサバトラさんがいたり、短毛だったり長毛だったり、
靴下をはいていたり、お腹に模様があったり、、、
基本的な、柄(黒白、サバトラ、茶トラ)などは覚えたつもりでしたが、
世界にはこんなにいろいろなねこちゃんがいるものなのだなぁと感心いたしました。

ねこ病院にお立ち寄りの際は、ぜひ本棚ものぞいてみてください(*^_^*)

わたしは、白黒鼻くそついちゃった系女子(*^_^*)
ちなみに、大橋家のにまめちゃん、グレー白にゃんこちゃんですが、この本によると
グレーに白がまざったグレー白にゃんこちゃんはかなり珍しい とのこと!
全国のグレー白にゃんこちゃんたちーー!!珍しいんだってー!!!

動物病院 京都
動物病院 京都 ねこの病院
動物看護師 大橋真美

ホテルブログ ☆くつろぎモード☆

こんにちは。京都市上京区にある動物病院 京都 ねこの病院、動物看護士の大橋真美です。
本院である動物病院 京都は北野白梅町駅目の前、西大路通り沿いに面したところにあります。

やや長期でホテルに来てくれている、ベンガルのにゃんにゃんちゃん。
短期でのホテルは何度かご利用いただいていましたが、今回は約2週間。
体調は大丈夫かなぁと心配するスタッフをよそに、すでにくつろぎモードのにゃんにゃんちゃん(*^_^*)

ごはんも完食!よく寝て、よく鳴いて、よく遊んでます!!


にゃんにゃんちゃんの豹柄はとてもはっきりしていて、すごいんですよ!!


お部屋で遊んでいる、にゃんにゃんちゃんが気になるおいちゃん・・・笑

あと少しホテル楽しもうね♪

動物病院 京都
動物病院 京都 ねこの病院
動物看護師 大橋真美

〇〇じゃらし、今日は何じゃらし?

こんにちは。京都市上京区にある動物病院京都 ねこの病院 動物看護師の井上 智映子です。
ねこの病院は京都市上京区にありますが、北区・右京区・中京区との境目に位置しています。
近くには北野天満宮があり、観光名所としても賑わっております。
本院の動物病院京都は京都市北区北野白梅町で年中無休で診察を行なっております。

あちこちで梅や桜が咲き始めて、いよいよ春の季節ですね。

この間、ねこの病院のキャットルームの前に
エノコログサ(猫じゃらしのような草です)がぽつんと置いてありました。

まいちゃんに、と置いてくださったものかもしれません。
お気持ち頂戴します^^*

※有害な草ではありませんが、実際に遊ぶときはねこちゃんがけがをしたり、
 誤って食べたりしないように扱いには気を付けてください。

猫じゃらしつながりでもう一つ、どうぞお付き合いください。

猫じゃらしにもいろいろありますが、特にひも状の猫じゃらし!

(今回はねこの病院にの待合のおもちゃを一例にしています)

大好きな子も多いです。
ですが、ひも状の猫じゃらしで遊ぶときは必ず

・一人で遊ばせないこと
・誤って食べてしまわないか
・巻き付いたり、引っかかったり怪我をしないか

は、ご注意いただきたいです。
特に気に入ったおもちゃを引っ張ってきてくれるなんてことも猫さんよくある話ですが

かわいいです。
かわいいのですが、一人で遊んでいる時は特に注意が必要です。

おもちゃをかじって遊んだり、ひもが好きな子、なんでも口に入れてしまうなど
人の予想を上回る行動をとることも多いです。
電球のひもをかじるのに一生懸命になる子もいます。

もし万が一、誤って飲み込んでしまったり怪我をしてしまった場合は

・何時にどうなったか(食べてしまった、けがをした等)
・使っていたおもちゃ(無ければ写真でも助かります)

を確認、ご用意して頂き、早めの受診をお願いします。
事の内容によっては手術が必要になる場合もあります。
出てくるかな、もうしばらく様子を見よう。は危険な判断になりうることもありますので
様子を見る前に、どうしようか迷われたらまずはご来院ください。

猫じゃらしだけに限らず、おもちゃで遊ぶときは必ず人が管理できる範囲で
一緒に楽しく遊んであげてください^^*

動物病院 京都
動物病院 京都 ねこの病院
動物看護師 井上智映子

おいちゃんニャイザップ計画!!

こんにちは。京都市上京区にある動物病院京都 ねこの病院 動物看護師の駒宮 芽衣です。
ねこの病院は京都市上京区にありますが、北区・右京区・中京区との境目に位置しています。
近くには北野天満宮があり、観光名所としても賑わっております。
本院の動物病院京都は京都市北区北野白梅町で年中無休で診察を行なっております。

3月中旬、季節は春。
春といえば桜。桜といえばお花見!
京都は桜の名所がたくさんあるのでどこでお花見するか迷ってしまいますね。
早く桜を見上げながら美味しいごはんを食べたいものです。

そんな美味し..いい季節においちゃんに悲報があります。
おいちゃん、ダイエットするってよ。
おいちゃん:えッ?!

いえ、本当は10月から実施してたんですが…これが全く体重が減らなくてむしろ増えるという病院的によろしくないほうへ向かっていたのでなかなかブログに投稿できなかったのです(汗)
ですが公式(?)に発表したらこれは何が何でも痩せさせなければ!となるかな~と考え投稿しました。

ここで体重発表!

…5.46kg
なかなかの体重デスネ!

避妊手術するまではこんな感じで
Before            After

写真ではあまり伝わらないですが、手術前は4kg以内でした…
あまり太りすぎると関節に負担がかかり関節炎になったり、心臓に負担がかかってしまいます。
なのでダイエットすることはとても大切なのです!まるまるしているのも可愛いのですが…
人と違い猫さんたちは運動で痩せるというよりも食事制限で痩せることがメインなので目標体重をある程度決めて制限していきます。
今まで好きな量を食べてきてましたが、量をきっちり決めてごはんを食べてもらいます。
                           おいちゃん:もうない…
駒宮:…一緒にがんばろう。

…とこんな感じで頑張ってダイエットに挑んでいるおいちゃんですのであたたかい目で見守ってあげてください。
待合室に突然現れることがあると思いますのでよければ応援のお言葉を掛けてあげてください!おいちゃんも頑張れると思います!

最後に..悲しそうに先生におかわりのおねだりをするおいちゃんでした。
今後もニャイザップ計画の経過報告を投稿していきますのでどうぞよろしくお願いします!

動物病院京都
動物病院京都 ねこの病院
動物看護師 駒宮芽衣

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13