谷田家にゃん日誌 vol.27 ~女の子のねこちゃんへ~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長 谷田美和子です。

 

今週末からGW期間に入ります。
ねこの病院も休診日がありますので、皆様HPにてご確認くださいね。
GW期間(4/29~5/5)の診療案内 | 動物病院 京都 ねこの病院 (neko-kyoto.jp)

 


今回は避妊手術を受けていないねこちゃんの飼い主様に呼んでいただきたい内容です。

谷田が動物病院 京都グループに入ってから思ったこと、

それは……

「生殖器疾患めちゃめちゃ多いやん!」

です。
(ここでは生殖器疾患とは卵巣や子宮の病気を指します)

当時はわんちゃんの診察も行っていたので、割とこのあたりの疾患が頻発。

 

……?何をそんなにびっくりしているの?

というところですが、2015年当時 谷田家の女の子(ねこちゃん2匹、わんちゃん2匹)が

避妊手術をしていなかったのです……

そして事件は立て続けに起こります…

 

〈ちびさん〉
何か元気がない、食欲がない、お腹張っている気がする…
ということでエコー見てもらうと子宮に水が溜まっていました…
2016年5月25日 避妊手術

〈くりさん〉
発情期がやたらと長い、痩せてきた
※通常数日~1週間ほど鳴いく、1週間ほど静かというサイクルを
 2~3回繰り返すだけだったのが、数カ月にわたって鳴いている
2016年7月14日 避妊手術→結果子宮水腫

 

わんちゃん達も2016年に立て続けに手術をしました。
谷田がどれくらい怖がっていたのかお分かりいただけると幸いです。


と、いうわけで

避妊手術をしていないねこちゃんは、

中高齢になってから生殖器疾患(子宮や卵巣の病気)が増えてきます。

最悪の場合、子宮の中に膿(細菌感染)が溜まってしまい、

細菌に体が負けて命を落としてしまうケースもあります。

「避妊手術をする機会を逃したわ」という方も、今一度避妊手術のことを検討いただけると

嬉しいです。

 

 

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

谷田家にゃん日誌 vol.26 ~心臓病の治療を開始しよう~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。

 

しばらく更新が滞っておりました…。

コロナウイルス感染症が未だ全国的に猛威を振るっておりますね。
日中ポカポカ陽気なので、お休みの日はどこかに出かけたくなりますが、
ステイホームにつとめています。

 

さて、前回の心臓の検査編に引き続き
今回は治療編です。


前回、心臓病の検査のお話をしましたが
大体の心臓病のイメージは以下の絵のような感じと思ってください。
(細かく書くと難しいのでざっくりです。)

 

←元気な心臓(ホワイト企業)

 

 

 

 

 

 

 

 

心臓病の時(ブラック企業)↓

 

 

 

 

 

 

 

 

このような状態で頑張っていた心臓さんを守るべく、投薬を開始しました。
では現在ちびさんが飲んでいるお薬の紹介です。

①ACE阻害剤(血管拡張剤)

 

 

 

 

 

 

 

 

②強心剤
③βブロッカー(血圧降下、心拍低下)

 

 

 

 

 

 

 

 

現在は病気発覚から4年、お薬の変更を重ねて上記の3種類でなんとか安定してくれています。
※あくまで治療の1例なので、その子の状態によってお薬の種類に変更はあります。

 

心臓病は無くすことはできない病気です。
お薬などでうまく付き合っていってあげることが大切です。

 

生命維持に重要な心臓の働く環境、
ホワイト企業にはなれなくてもオフホワイト~ライトグレー企業くらいにはしてあげたいですね。
(訳わからないですが…)


さて、次回は避妊手術をしていない女の子のねこちゃんと過ごしている方に見ていただきたい内容です。

最近、ブログが滞っていましたが書きたいネタはたくさん…

頑張って1個、1個みなさまにお届けできればと思っています。

 

お暇があればお付き合いいただけると幸いです。

 

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子