谷田家にゃん日誌 vol.35 一息コラム① 腎臓用ごはんの話

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。

 

またまた更新が滞っており、
楽しみにしていただいている方(いるのかな?)には申し訳ありません。


今回はうちの子の話とは少し違いますが、
「腎臓用ごはんの話」をしたいと思います。

え?ごはん???
と思われたかもしれませんが、
これがなかなか…種類も多いしどれがいいのかわからない!
という「困った!」を経験することがあります。

当院では、基本的に腎臓食が必要とわかったねこちゃんには
サンプルご飯をお渡しすることが多く、いくつか試してもらってから
一番よく食べてくれるものを使用していただいています。

 

以下が当院で主に扱っている商品です。
(製造業者様の許可を得ていませんので、社名は伏せさせていただいています。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごくたくさんの種類があることがわかりますね。

・粒の大きさ
・粒の形
・匂いや味

など、猫ちゃんの食べやすさ好みはそれぞれなのでこれだけのバリエーションが展開されています。


ちなみに、我が家のくりさん最初はE社さんのご飯を食べていました(約3年)

ところが、急に「これじゃない!」と言い始め

現在いろいろなメーカー様のご飯を試しています…

…がどれもこれも、少し食べたら「う~ん、もういいかな~」と言われます。

これ、本当によくありますよね…

今までご飯の件で苦労して来なかったので、飼い主様のご苦労が身に染みております…

好き嫌いが多い猫ちゃん(グルメ?美食家?)の飼い主様、谷田も一緒に頑張ります。


動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

谷田家にゃん日誌 vol.34 ~甲状腺の治療を始めたよ~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。

今年も祇園祭の山鉾巡行が新型コロナウイルス感染症の影響で取りやめとなり
少し寂しい夏になりました。

いよいよ梅雨が明け、本格的な夏の到来ですね。

 

 

 

←先日の東京2020の開会式

 じっと見つめています


さて、前回のにゃん日誌にて

 

新たに「甲状腺機能亢進症」が判明したくりさん。

この病気は何なの?治療はどうするの?というところですが、

病気のことは別のブログでお話させてもらいますね…

治療としては

①外科手術
 甲状腺が腫瘍化している場合に、摘出することでホルモンが出ることを防ぎます。

②内服
 チアマゾール(メルカゾール)というお薬を飲みます。
 ホルモン拮抗薬として、体内の甲状腺ホルモン濃度を下げます

③ご飯
 甲状腺用のご飯があります

の大きく3つがあり、どれかを使用(または組み合わせる)ことがほとんどです。

 

くりさんの場合15歳と高齢だったことと、慢性腎臓病もあったため

②の内服で治療を行うことにしました。

 

 

治療後1~2週間ほどで、よく鳴くという症状もおさまり、

体重も戻ってきてくれていました。

しかし、お薬の量は猫ちゃんの年齢や体調などでも変更が必要になります。

(詳しくは次々回のブログでご紹介します!)

 

同じ病気で治療している猫ちゃんは

定期チェックを受けて、お薬の量がねこちゃんの体調に合っているか見ていきましょうね。


動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子