谷田家にゃん日誌 vol.25 ~心臓の健診を受けてみた~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。

 

よくある質問
「ねこちゃんも花粉症ってあるんですか?」
花粉症はアレルギー疾患の一つです。
ねこちゃんにもアレルギー性鼻炎などの病気はあるので、
花粉症があってもおかしくありません。
ただ、確定診断が難しいので「Aちゃんはスギ花粉症です」というのは現状言えないです。
※感覚的にはこの時期、アレルギーなのかな?と思わせるねこちゃんはチラホラいらっしゃいます…

 

さて、前回谷田家のにゃんず、わんずから1匹ずつ
心臓に異常が見つかりましたが…
次はどのようにするのが良いのでしょうか?


心臓の検査にはいくつか種類があります

①胸部レントゲン検査
 ・心臓の大きさ
 ・血管の太さ
 ・肺の状態
 を見る検査

②心臓超音波検査
 ・心臓の動き
 ・血液の逆流の有無
 ・心筋壁(心臓の筋肉の厚さ)
 などを見る検査

③血液検査
 ・心臓での血液のうっ滞
 を見る検査

いままで、健康診断というものを受けたことがなかった
うちの子たちもこの機会に健康診断を受けました。
この頃は、姉(私)の練習台でしたが…

 

その結果

ちびちゃん:肥大型心筋症
      →高齢のねこちゃん、
       なりやすい品種のねこちゃん(メインクーンさん、スコティッシュさんなど)に多い病気

まるちゃん(犬):僧帽弁閉鎖不全症
         →高齢のわんちゃん(特にマルチーズさん、チワワさんなど)でよくある病気

がわかりました…
さ~てこれからどうしたものか…
治療計画を立てていかなくてはいけません…


さて、次は治療編
ここからは谷田家の動物たちの高齢化を思い知ることになります…

 

同じような病気を抱えていらっしゃる方へ
すこしでも励みになればと考えています。

※なるべく毎週月曜日の更新がんばります!

 

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

 

谷田家にゃん日誌 vol.24 ~聴いてみたら、まさかの…~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。

 

最近は暖かい日も増え、
「お家で日向ぼっこしています!」
「お庭で遊んでいます!」
などという可愛らしいエピソードも聞かせていただいています。

 

さて、前回「昇格」して谷田家の仲間入りとなった玖助さん。
2015年の段階で5匹のねこちゃんが谷田家では過ごしておりました。

 

今回は、谷田がようやく動物病院 京都(この時はまだ、ねこの病院はありませんでした)
で働きだした頃のお話です。


2015年4月から動物病院 京都(本院)に就職し

徐々に、様々なねこちゃんやわんちゃんの診察をさせていただいていた頃

 

聴診(聴診器を当てて、心臓の音などを聞くこと)の練習をするために

大学時代に買った聴診器で我が家のにゃんず、わんずの心音を聞いてみました

 

…すると…

・ちびちゃん 当時11歳(にゃん日誌 vol.4に登場)

・まるちゃん 当時10歳(わんちゃんなので、にゃん日誌には登場していません)

で心雑音が!!!

ねこちゃんは心拍が早いので雑音の聴取が難しいこともあるのですが、明らかに聞こえる!!

 

※心雑音とは…
 心臓の中を流れる血流が逆流や乱流を起こすことで生じる異常な音のこと

 

まさか、自分の家の子で異常が見つかると思っていなかったので
少し慌てましたが、とりあえず時間を見つけて心臓の検査を実施することに…


自分の家の子を助けたいという思いで

獣医師という仕事を目指しましたが、働き始めてわずか数カ月で

異常を見つけると、それはそれでちょっと気持ちがふさぎますね…

 

さて、次回は健診の様子も少しお伝えさせていただければと思います

 

なるべく毎週月曜の更新頑張ります!
時々、診察の際に「ブログ見てるよ~」と言ってくださる飼い主様がいらっしゃり、
励みになっています!

 

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

谷田家にゃん日誌 vol.23 ~昇格~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。

最近は、日中が暖かい日も増えてきましたね。
日向ぼっこ日和です。
…が、このブログを書いている現在、我が家のばば様(くりさん)は
炬燵に引きこもっております…。
(私が足を入れたら「なぁぁん」と怒られました…)


さて、前回のにゃん日誌にて

谷田家に「拾得物」として身を寄せていたねこさん

拾ってから3カ月たって、飼い主が現れない場合

所有者不明のままになってしまいます。

 

2015年2月(3月だったかも)

谷田が国家試験を終えて自宅に帰宅していた際

母「ちょっと行くで!」

といわれて来た先は

亀岡警察署

(悪いことしていなくても、警察署行くのってドキドキしませんか?私だけかな?)

そこで、ねこちゃんの拾得物届けの処理を行い

・・・・・・

見事(⁉)

谷田家の一員として認められることになりました!

これを我が家では「昇格」と言っていました!!

 

そんな、今までの子たちと違う形で

谷田家の一員になったのが

我が家の大食いモンスター「玖助(きゅうすけ)」さんです。

彼のねこらしからぬ様々な素行はまたどこかでお話しできればと思います。


さて、次回以降はようやく

谷田が動物病院京都グループで働き始めます。

何やら波乱の予感です…

 

また、お時間あるときにちらっと覗いてみてもらえると嬉しいです。

※なるべく毎週更新頑張ります!

 

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子