谷田家にゃん日誌 vol.19 ~え…そんなまさか FIVの話~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。

つい先ほど、
谷田家にゃん日誌vol.17およびvol.18の年数に誤りを発見いたしました。
2017年や2019年の表記になっていましたが、
正しくは2007年と2009年です。
(2019年…つい最近ですよね…ぼーっとしていました。)

さて、今回は少し悲しいお話になります。
見るのがつらくなる方は、避けてください。


さて、2009年春から谷田は無事に大学へ。

※大学は陸の孤島とも称される(?)宮崎大学です。

物心ついた時からわんちゃんがいて、

動物のいない暮らしに慣れていなかったので最初は

「ホームショック」ならぬ「アニマルショック(?)」になっていました。

 

そんな生活にも慣れて

2012年(大学4年生)9月

母から連絡が入ります。

「どんちゃんが調子が悪くて、病院で診てもらったらエイズ(以下、FIV)って言われた」

とのこと。

状況的には

・重度の貧血

・重度の肝障害

が出ており、もう長くはないとのことでした。

すぐに飛んで帰りたかったのですが、

大学での研究やなにせ宮崎という遠方であったこともあり

母との連絡で状況を確認するのが精一杯でした。

 

 

治療も頑張ってくれたのですが、

2012年9月28日に10歳の生涯を終え、虹の橋を渡りました。

 

看取れなかったこともあり、私の中でずっとどこかで後悔がありました。

 

当院で獣医師として働くようになってからもずっと考えていたのですが、
私の悔しさは、「亡くなってしまったこと」に対してもですが
「FIV検査」をしていなかったところにありました。
FIVは生活環境などの注意等で、寿命を全うすることも可能な病気です。
「もしも、子猫の時に検査してわかっていたら……
少し生活に気を付けてもっと長生きできたかもしれない」
これが私の後悔でした。


まだFIV検査を受けたことがないというねこちゃん(特にお外出身の子)の飼い主様へ
このブログで少しでもFIVのことが気になったら、一度検査を考えてみてもらえると幸いです。

 

※前述しましたが、FIVの子たちが全員早くに亡くなるわけでもありません。
 室内飼育のねこちゃんは寿命を全うできる可能性が上がります。
 現在FIVを抱えているというねこちゃんと飼い主様も、
 そのねこちゃんらしく楽しく生活できるように、私たちはサポートさせていただきたいと思っています。

 

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

谷田家にゃん日誌 vol.18 ~またまた月日は流れ2年後(2009年)~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。

 

先日、母校の京都成章高校が
全国高校ラグビーの大会で準優勝をおさめました!!
見慣れたユニフォームに身を包み、躍動する選手を見て元気が出ました!
(校内を走っていた軽トラもラグビーのユニフォームと同じ青と黄色のカラーリングでした。)

 

さて、今年も皆様とねこちゃんにとって役立つ情報を少しでも多く発信したいと思います。
気が向いたときにでも、コチラの谷田家にゃん日誌にお付き合いただけると幸いです。


2007年から6匹のねこちゃんと
ワイワイ楽しく生活しておりました。

この頃の谷田はというと…
高校生活 真っ只中!!!

ちなみに、谷田の高校生活は
皆様が想像していらっしゃるような
「The 青春!」
とは程遠く……
友人の間では
「灰色の高校生活」
と呼ばれているものでした…

ので、正直細かい出来事を覚えていない!!!

 

…と前置きが長くなりましたが、
今回のお話は、なんとか無事に大学生になってからのお話。

 

2009年(大学1年生)の夏休み
初めての夏休みで実家に帰っているときにまたまた事件は起こりました!

ハイ…
また父がねこちゃんを拾って帰ってきたのです…
(なんのためらいもなく発表いたします。)

初めての白猫ちゃん 
両目ブルーの女の子 
名前は「詩蕗美(しろみ)」となずけられました。

 

こうして、谷田家で一番多い7匹のねこちゃんと一緒の生活が始まりました。


この後は少し谷田の記憶も残っている部分があるので、
楽しく紹介していければと思っています。

 

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子