谷田家にゃん日誌 vol.45 ~新しく猫ちゃんを迎えるときの準備②~

こんにちは
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。

2022年がスタートしもう10日が経とうとは…
こうしてあっという間にまた1年が過ぎそうな気がしてなりません…

 

さて、2週間ほどご無沙汰だったブログですが
続きを書きたいと思います。
(実は谷田母からもいつ更新するねん?と言われていたり…)

 

前回は「新しく猫ちゃんを迎えるときの準備①」と題して
先住猫さんの準備の話をしました。

今回は、新しく迎える側の猫ちゃんの準備です。
では行ってみましょう!


新しく迎える猫ちゃんの準備として最も大切なのは・・・

そう!

「感染症のチェック」です!!

これは、新しく迎える猫ちゃんの健康問題にも関わる他

先住猫さんにうつしてしまう病気がないかを把握するためにも非常に重要!!

院内でチェックできるものとして以下が挙げられます。

 

①ノミ・マダニなど外部寄生虫の有無&駆虫
  特にお外出身の猫ちゃんは駆虫が望ましいです。
  家の中にノミが入ると越冬するという報告もあるので注意しましょう。
  人の血を吸うこともあり、強いかゆみを伴います。
  一昨年、当院スタッフの山脇も自宅で甚大なノミ被害に合っています…。
  

 

 

 

 

②猫上部気道感染症の有無
  主に症状から判断します。
  より詳しい検査(どのウイルスや細菌がいるか・いそうか)は外部検査になります。

 

③腸内寄生虫感染の有無&駆虫
  糞便検査によって判断します。
  顕微鏡で観察することで以下のような寄生虫の卵を見つけます。
  ※一部、院内の検査で発見しづらい寄生虫や検便時に虫卵が排出されていない可能性もあるため数回検査が望ましいです。


白矢印:回虫卵、黄色矢印:コクシジウムオーシスト

 

④ウイルス検査
  猫白血病(FeLV)や猫エイズ(FIV)の検査
  血液の検査で判断します。
  お外出身の猫ちゃんはチェックが望ましいです。
  ※検査時期によっては正確な判断が行えない場合もあります。詳しくは診察時にお尋ね下さい。

 

⑤皮膚糸状菌症の有無
  猫ちゃんの顔付近に多く見られるカビによる皮膚病です。
  痒みを伴うことは稀ですが、脱毛や皮膚の苔癬化(ガサガサ肌)がみられます。
  人にも感染する病気ですので注意が必要です。
  (ちなみに感染すると結構かゆいです…)
 

 

 

 

 

写真左:ウッド灯で光る感染毛
写真右:顕微鏡で見た糸状菌の胞子


いつになく、ボリュームの多い内容になってしまいました…
それだけ重要ということだと思っていただけると幸いです。

上記の健康チェックが終わるまで
可能な限り先住猫さんとの接触は避けて下さい。

我が家は、住まいの関係で接触を避けることが難しかったため、
健康チェックが終わるまで病院に預けていました。

もしも、お家での隔離が難しいようであれば病院を利用していただくことも可能ですので
ご相談くださいね。

 

動物病院 京都
ねこの病院 
院長 谷田美和子

谷田家にゃん日誌 vol.44 ~新しく猫ちゃんを迎える時の準備①~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。

先日は雪が降り、本格的な冬の訪れを感じる今日この頃です。
毎日布団から出るのに苦労しております…。

さて、前回のにゃん日誌で新しく家族に加わった陽の話をしましたが
新しく猫ちゃんを迎えるにあたっていくつかするべきことがあるので
谷田が実践したことも踏まえてお伝えしたいと思います

今回のテーマは・・・


『先住猫さんの準備』

 新しく迎える子の事でないのか⁉と思われるかもしれませんが
 これはすごく大切です。

 実はここ最近よく目にするのが
 新しく迎えた子ではなく、「先住猫さん」が体調を崩しての来院…

 これ、当然だと思います…
 うちの家の場合

 「人間の年に直すと80歳くらいのおばあちゃんが
 自分の孫でもない赤の他人の子供(5歳児)くらいと
 ずっと生活していかなければならない」

 という状況です…
 ご自身に当てはめるとつらくないですか?

 イメージ図はこんな感じ?

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで我が家では 
 「新しい子のケージの準備」を先に行い環境の変化を作りました

  

1階:くりさんの部屋

2階:陽の部屋

 

 

 

 

 

 

猫ちゃんによってはこの変化だけでも体調を崩す子がいます。
 その場合は、新しく猫ちゃんをお迎えするにも覚悟が必要、
 状況によっては残念ながらあきらめることも検討したほうが良いかもしれません…。
 (一人っ子で甘えん坊の子もいるのでそこはねこちゃん次第です)

 

 幸い、くりさんはもともと多頭飼育家庭で育っているので
 こんな変化は気にも留めず…
 いつも通りに生活してくれていました


次回は、先住猫さんの準備と並行で行っていた
新しく迎えるねこちゃん側の準備です。

 

また12月25日(土)は北野天満宮にて終い天神が開催されます。
近隣駐車場が満車になる可能性が高く、当院提携の駐車場も混雑が予想されます。
可能な限り公共交通機関をご利用ください。

また、駐車場費用も特別料金となりますのでご注意ください。
※当院からの駐車場費用お渡しは通常時の時間分となりますのでご了承ください。
 駐車券2枚(200円)/40分

 

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

 

谷田家にゃん日誌 vol.43 ~あの黒猫は誰⁉~

こんにちは
動物病院 京都、ねこの病院 院長の谷田美和子です。

12月に入り、さらに寒くなった気がしています。
毎朝布団から出るだけで一苦労です……


さて、前回のにゃん日誌vol.42で突然発表した黒猫ちゃん。

診察に来られた飼い主様から

「あの子どうしたの?」というお声をたくさんいただきました。

(いつもこんなブログを見ていただいてありがとうございます。)

今回はあの子の紹介をしたいと思います。

 

名前:陽(はる)

性別:オス

生年月日:2021年5月頃

性格:やんちゃ、ちょっとおバカさん…

 

 

 

前回のブログで「ワケあり」と表記していた件ですが

実は彼には両目がありません

 

そう、猫ちゃんの特徴ともいえるビー玉みたいなきれいな眼球(黄色の矢印)がないのです

 

 

 

 

 

 

 

保護された時点で、このような両目がない状態だったので何があったかは不明です
(もしかしたら感染症などが原因だったのかもしれません)

 

とにかく人を信頼しきっているというか…そんな様子だったので

うちに家族として迎えて過ごしたいということでやってきました。

 

名前の由来は

眼がない=くりさんのように光を感じたり見たりできない

ので

少しでも光を感じられるような暖かい名前

ということで

「陽」

と命名しました

※この時点では、目が見えないことで不自由もするだろう(かわいそう?)

 という思いが谷田の中にもありました

 ・・・・・・が生活していく中で、そんな思いはすべて裏切られることになります(良い意味で)


さて、新しく谷田家の仲間入りを果たした陽

実は子猫と生活するのは10年ぶりくらい・・・

どうなることやら・・・です。

次回からはくりさん&陽とともに日常起こったあんなことやこんなこと

生活の注意事項なんかを綴っていければと思いますので

お時間ある方はのぞいてみてください


動物病院 京都
ねこの病院
院長 谷田美和子

谷田家にゃん日誌 vol.42 ~重大発表⁉~

こんにちは
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。

 

寒くなってきてから、持病の肩こりと腰痛の悪化が…
年齢には勝てないな…と思っています
最近は、運動不足解消も兼ねて自宅で少しヨガを始めてみました

 

←「何しとるんや?」

  と見つめられ

  いたたまれない気持ちになりました…

 

 

さて、重大発表があります!


新しい家族が増えました!!!(お休みするとかじゃないので心配しないでくださいね)

 

2021年9月

夫「この子うちに引き取ってもいい?ちょっとワケありやけど」

谷田「別にねこちゃんなら、何も制限ないけど?

   ちゃんとくりのこと考えてくれるんやったらいいよ」

…ということで

2021年9月11日から谷田家の新しい仲間になりました!

 

←来た当初のねこちゃんです

 病院にいるときの様子

 

 

 

 

お名前などの紹介は次回いたします!

はてさて、これからどうなることやら……


動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

谷田家にゃん日誌 vol.41 一息コラム③ ねこ好きは狙われている⁉

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。

さて、11月ももう半分が過ぎました。
本当にあっという間ですよね。

さて

ここ最近思うことがあります……

「ねこちゃんモチーフのグッズ多い!!!」

「ねこちゃんに使用するグッズもかわいいものが増えている!!!」

 

ついついほしくなってしまうんですよね…

我慢我慢と思いつつ、買ってしまうこともしばしば…

あぁ、お店の戦略にはまっている気がする…
(看護師さんにも、先生それ完全につかまってますよ と言われました…)

きっと、このブログを見ていただいている人も谷田のような方いらっしゃるんじゃないでしょうか?

 

実は、ご来院される方のバックとかねこちゃんついてること多いな~

と思っていたりします。

 


そんな谷田が最近買ってしまったものたち…

 

①ねこちゃんの首輪

 

 

 

 

 

 

 
実家の猫ちゃんの分含めて購入……
 ※鈴がストレスになる子もいるみたいなので、苦手な子は鈴外しましょうね

 

②おもちゃ類

 

 

 

 

 

 

 
割と100均とかでいいのがあることに驚きです…

 

③コップ

 

 

 

 

 

 

 
 これね……ちょっと訳ありなんですけど
 買い物行ったときに買わざるを得ないデザインだったんですよね…
 いずれネタバレありますのでお楽しみになさってください


と、今回はいつにもまして

一飼い主としてのブログ内容になってしまいました…

時には真面目なブログも書くので大目に見ていただけると幸いです。

 

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

ねこちゃんの病気の話 1 ~お口編~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。

いつも、「谷田家にゃん日誌」という
病院のブログではない(?)ものを投稿しておりますが、
今回は真面目に病気のお話です。(谷田も時にはちゃんとします)


お家の猫ちゃんに以下の症状はありませんか?
・口臭がきつい
・涎が出る
・ご飯が食べにくそう
・涎に血が混ざる
・口ばかり気にしている

こういった様子が見られる場合、お口の中に何らかのトラブルがある可能性があります。

お家でお口を確認させてくれる場合は良いのですが
難しい場合は病院でも診察していますのでお声かけください。

 

治療などの詳しい内容はコチラのブログを参照ください↓

お口が痛い!虫歯かな?

【注意事項】
 ねこちゃんによっては
 顔周りを見ず知らずの人にジロジロ見られるのは苦手な子もいます

 ねこちゃんのご協力が得られない場合は、
 ねこちゃんに精神的な負担をかけないためにも
 後日鎮静下での診察などの可能性もありますので、ご理解とご了承のほどよろしくお願いいたします


動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

谷田家にゃん日誌 vol.40 一息コラム② 冬支度

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。

 

寒い日が続きますが、皆様体調崩されていませんか?
寒い時期は急性胃腸炎(下痢など)や膀胱炎が多い時期になります。
いつもと違う様子があれば、ご相談くださいね。

さて、寒くなってきたので冬支度のお話をしたいと思います。
※あくまで、我が家で使用しているものなどの一例なので
 ご自宅のねこちゃんの好みに合わせて使ってくださいね


あったかグッズ① ふかふかのブランケット
 人の衣替えと同様に我が家では夏と冬でねこたちがつかう敷物をかえています。

 

 

 

 

 

※ただし、布系統をかじって飲み込んでしまう子には不適です。

 

あったかグッズ② 湯たんぽ、ペット用ホットカーペット
 我が家は湯たんぽですがほんわか暖かいのが好きみたいです
 夜寝る前に入れておくと、朝起きてもほんのり温かいという…すごいですね
(ちなみに100均です…)

 

←湯たんぽを抱えています

 妙に人間っぽいですよね

 

 

 

 

 

 ※ペットボトルなどでも代用可能
 ※低温やけどの危険があるので、直接接しないようにしましょう
 ※ホットカーペットはコード類をかじらないように気を付けましょう

 

あったかグッズ③ こたつ、エアコン
 急に人の使用するものですが…

 ちなみに
 温度(室温):18~23℃
 湿度:35%前後
 が過ごしやすいといわれています。

 

←人の文明を完全に使いこなしてます

 我が家では「こたつむり」と呼んでいます

 

 

 

 

※「ね~こはこたつでまるくなる~」という有名な歌がありますが、
  入りすぎには気を付けてください。
  知らない間に脱水になる可能性があるので、水分補給をしっかりしながら
  こたつ生活を楽しみましょうね


冬支度を整えて、寒い冬をみんなで乗り切りましょう。

 

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

谷田家にゃん日誌 vol.39 ~おしっこトラブルの話~

こんにちは
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。

 

ここ最近急に冷え込みましたね…
今年は秋がない気がします…

 

←先日、窓辺で日向ぼっこを楽しんでいたくりさん。

 いや~…

 気持ちよさそうです…

 

 

 

さすがにうちの家もポカポカグッズをねこたちに準備し始めました…
シニアになると体温調節などもうまくできなくなってくる子がいますので
湯たんぽなどをうまく活用して、寒い時期を乗り切りましょう!

そして寒くなってくると増えてくるのが…
「膀胱トラブル!!」

今回はくりさんに起きた膀胱トラブルをお話します。


腎臓の治療、甲状腺の治療を順調に続けていたくりさん

ある日、

なんだかいつもよりトイレに行くな…と思っていました

しかも1回の量が少ない…

これは…膀胱炎やな…

と思いおしっこ検査をしてみると、おしっこの中に細菌が…

 

ねこちゃんの膀胱炎というと
・結晶性
・細菌性
・特発性
に大きく分けることが多いです。

 

シニアになり、腎臓機能が落ちるとおしっこの濃縮機能が落ちるので
細菌が繁殖しやすくなるといわれています。
くりさんも濃縮機能は落ちており尿比重は1.015-1.020くらい(通常1.035以上が理想とされている)
しかも女の子は尿道が短いので細菌感染しやすいとされています。

 

治療は「抗生剤の投与」になり、くりさんもお薬を飲んで無事に回復。
ここで注意したいのは

・シニアの子、基礎疾患のある子は再発率が高い
・細菌性膀胱炎が再発した場合、以前使った抗生剤が効いてくれるとは限らない

ということです。
2個目の注意点は、薬剤耐性菌という抗生剤が効きにくい菌が増えている可能性があるためです。
長期間細菌感染がある場合や頻繁に繰り返す場合は
一度、どのお薬が菌に聞くのか調べることもオススメです。

 

特に今まで膀胱トラブルがなかったねこちゃんも
一度、正常の状態のおしっこを見ておくことで異常があった際に比較ができます。
もし、ご興味を持たれた際は一度ご相談くださいね


ご来院の飼い主様から
くりさんとの「ごはんあれじゃない、これじゃない戦争」どうですか?
とご心配(?)の声をいただくことが多かったので・・・

現在、無事に終結に向かっています!あ~長かった…
気にかけていただきありがとうございます!!

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

谷田家にゃん日誌 vol.38 ~まさかそんなもの食べる⁉の話~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。

 

最近は秋めいた気候で過ごしやすい日も増えてきましたね。
ただ、昼夜の寒暖差も大きいので人、ねこちゃんともに
体調管理には気を付けたいものです。

 

 

 

 

 


先日のくりさん
足が完全に落ちてます。くつろぎすぎでは…人様のソファーなのですが…

 

さて、今までの谷田家にゃん日誌で書いたつもりが
かけていないネタがあったのでお話したいと思います。

これは、谷田家でもいまだに笑われている話です


今回の登場人物は…
我が家の大食いモンスター
玖助(きゅうすけ)です!

←おばあちゃんわんこの枕になってあげる
 優しい子なんです…

 

 わんこの毛 モサモサですがご了承ください…

 

 

 

これは、まだ谷田が亀岡で生活していた頃の話…

朝起きてくると

母「今日、朝起きたら玖ちゃんがケージの外に出ててな~」

※谷田家は基本ケージ飼育なので、夜はみんなケージの中で寝ます。

谷田「なんも食べてへんやんな?」

母「たぶん…?」

とのことで…玖ちゃんのケージをチェック…

すると……

ご丁寧にイタヅラの跡が…

机の上にあったパンの袋(ちょっとチョコレート練りこまれている)のと…

「柿ピー」!!!

思わず笑ってしまいました…(決して笑い事ではないんですよ)

まさかそんなもの食べるとは思っていなくて…

 

その後どうなったかというと…

当然、谷田に病院に連れていかれ(JRの手荷物料金 ¥290 払いましたよ!!)

誤食後時間が経っていたので催吐処置はできないので

点滴されて終了

本人はなぜ連れてこられたのかよくお分かりになっていない様子…

 

これが、現在でも谷田家で「柿ピー事件」として語り継がれることとなった

玖ちゃんのやらかしです。


このように、フード以外にも食べてはいけないものを食べる

「誤食」というのは比較的よく遭遇する事故です。

ただし、胃腸炎や膀胱炎と違い「人の注意」で防げるものですので

皆様も一度ねこちゃんの身の回りの物を確認してくださいね。

 

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

谷田家にゃん日誌 vol.37 ~腎臓でも甲状腺でもなく…の話~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。

 

最近、毛が抜けて抜けてしょうがないです…
今年、よく毛が抜けませんか⁉
(これ感じてるの私だけかな…)

 

 

 

 

 

 

「なんか乗せられましたね…」
(あなたの毛玉ですよ…)

 

さて、甲状腺のお薬の調整も行い
なかなか好調に過ごしてくれていたくりさん。

もうお分かりですよね?
またまた何かやらかしてくれました…


2019年11月14日

突然、ご飯を食べなくなった!!!

嘔吐や下痢はないが、元気もない…

もしや腎臓が悪くなったのか?もしくはまた甲状腺のお薬の関係か?

と思ったら……

 

こちらでした↓↓↓

「肛門嚢(腺)破裂」

を起こしていたのです。

肛門嚢はお尻の穴を中心として4時と8時の方向にある分泌腺です。

ねこちゃんは排便時や危険を感じたときなどにここからくさい液体を出します。

普通は管を通って肛門から液体を出すのですが、

嚢の中で感染があったり、シニア期になり分泌物が硬くなると自然な排泄が難しくなります。

そのため、嚢が破裂し肛門の横に穴が開いてしまうのです。

詳しくは別のブログで紹介しているので覗いてみてくださいね。
☞ https://neko-kyoto.jp/blog/blog-0-59/

 

ちなみに…

治療を行ったら、すっかり元通りに元気になってくれました!

色々やらかしてくれるので困ったものですね…


動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

1 2 3 4 5 13