谷田家にゃん日誌 vol.49 ~ついにご対面~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院 院長の谷田美和子です。

 

この一週間「誤食」での来院がなさそうでホッとしています。

 

さて、前回子猫のエネルギー発散の重要性についてお話しましたが、
いよいよ、ご対面の準備をしないといけません。


一般的なご対面の仕方は以下が良いとされています。

 

それを受けて、谷田が実施していた方法がこちら。

【図 差し替え予定】

 

・・・・・・しかし・・・

さすが、多頭飼育で14年過ごしていただけのことはあり

「完全無視」を決め込むくりさん。

まぁ、これくらいの反応のほうがよいのですが・・・

一般的なやり方が谷田家では無意味だなと感じた瞬間でした。

そうこうしている間に、陽坊っちゃんが隔離の柵を飛び抜ける頻度が増え

一緒の空間で過ごすようになったことは言うまでもありません。


~多頭飼育を始める方へ~

谷田家の子たちは小さい頃から多頭飼育に慣れているので、

今回もあまり抵抗なく受け入れてくれましたが、

一人っ子生活が長い猫ちゃんだとうまく行かない場合があります。

多頭飼育を成功させるコツは『無理をさせないこと』だとおもいます。

「絶対仲良くなってほしい!!」「猫団子で寝てほしい!!」

というのを無理強いしないであげてください。

同じ猫でも性格もパーソナルスペースもそれぞれです。

(※クラスでも日常話したりはするけど、あまり一緒に遊ばない人っていませんでしたか?)

離れ離れで寝ていても、

 『顔を合わせるなり怪我をするような喧嘩をする』

というのがなければ花丸だと思います!

 


動物病院 京都
ねこの病院
院長 谷田美和子