谷田家にゃん日誌 vol.46 ~なかなか良くならない軟便の正体は?~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院 院長の谷田美和子です。

さて、早くも1月が終わろうとしています。
今月は
「うちの子、雪が好きみたいで遊んでたんです」
なんていうお話をちらほら伺いました。
「ね~こはこたつで丸くなる~」は現代っ子のねこちゃんたちには古いのでしょうかね?

さて、前回の谷田家にゃん日誌で
新入りさんから感染しうる病気についてあげましたが、
病院での隔離生活についてお話しましょう。


院内での検査を一通り終えて、特に問題なく

陽さん優秀じゃないか!

と思いましたが、一つだけ問題が残っていました。

それは・・・

なんか軟便が続くな・・・

この時点で院内でできる駆虫などは済ませていました。

念の為、外部検査を出しておこう!

と思い、「下痢パネル」を提出しました。

これは、糞便の中のウイルス・細菌・寄生虫などの遺伝子を

PCR法(今話題ですね)によって検出するものです。

 

・・・・・・さて、結果はというと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

・猫コロナウイルス

・クリプトスポリジウム

が陽性・・・またなぜこのウイルスと寄生虫なんだい・・・と思いました。

詳しい結果の解釈については次回お話したいと思いますのでよろしくおねがいします


軟便が続いている猫ちゃんは
上記のような外部検査をやっておくと良いかもしれません。

診察の際にご相談いただければ幸いです。

 

動物病院 京都
ねこの病院
院長 谷田美和子