谷田家にゃん日誌vol.12 ~ワクチンの話~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子。
10月も下旬になり、寒暖差も一段と…
お布団から出るのが大変な季節になってきました…

 

さて、先週更新ができていませんでした…
楽しみにしてくださっている方(いるかわかりませんが…)ごめんなさい。
うんちから虫がこんにちはして大変だったどんさん…その後どんなことが待っているのでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
右目が不自由なことを知ってか知らずか、
すくすくと大きくなっていく、どんさん

いよいよこの時期が近づいてきました…
「ワクチン接種!」

実はどんさんが来た頃、谷田家には先代のわんこもいたのですが
このわんこ、かなりの病院嫌い&注射嫌いで
ギャンギャン泣き叫びながら狂犬病の注射を終える
というのを毎年繰り返していたので…

谷田は
こんな小さい子で頑張れる?
ないちゃう?
などいろいろ心配しておりました。

 

そんな姉の心配をよそに、
何食わぬ顔で注射を終わらせたどんさん!
すごい!!と思って帰宅し数時間後…

・・・・・・ぐったり・・・
ん?大丈夫???
慌てて病院へ電話をかけると、
ごくまれに注射後にしんどくなる子がいるとのこと
明日もしんどそうだったら来てね
とのことでした

幸い翌日にはいつもの元気さに戻っていましたが、
小さい体で頑張ったんだな~と思っていました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ワクチン接種後の注意点とポイント
①すこしおとなしくなる子がいます
②あきらかに体調がおかしい(熱がありそう、嘔吐があるなど)あれば病院へ連絡を
③体調変化がない場合も、できるだけ安静にすごしてください

※現在、ほぼ毎日のようにワクチン接種をしています。
 ②のような症状でお電話いただくことは本当にまれですが、
 ワクチン後の様子はねこちゃんによってさまざまです。
 ご不安なことがあればご連絡くださいね。

 

では、次回も皆様とお会いできることを楽しみにしています。
なるべく、毎週月曜日に更新できるように谷田も頑張ります!

 

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

谷田家にゃん日誌vol. 11 ~なんか出た!!!~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。

すっかり気候が秋めいてきています。
もうそろそろ本院の動物病院京都前のイチョウ並木も黄色に染まるでしょうか…。

 

さて、目が不自由であると言われたどんさん。
このまま無事に成長できるのか?それとも何やらまたやらかすのか⁉
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
目の問題を抱えながらも

それなりに元気に過ごしてきていた、どんさん

そんなさなか…

「なんか出た!」

と、母……

 

みると、うんちに糸みたいなのがくっついている⁉

※実際の写真がないので参考で↓

病院にいくと

「おなかに寄生虫がいるね」と言われました…

ねこちゃんの寄生虫にはいくつか種類がありますが、

どんさんの場合は「回虫」という虫に感染していたようです。

 

駆虫薬を飲んで、再度うんち検査を実施して治療終了

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今回のポイント
①うんちに白っぽい何かがついている場合素手で触らない!
②うんち持参or写真を撮って病院へ!(寄生虫の種類を調べます)
③子猫を迎えた際は、一度はうんち検査を実施!

 

子猫さんには比較的多い
「消化管内寄生虫感染」(要するに腸の中に虫がいる)は
子猫さんが食べたご飯の栄養を虫が取ったり、腸の粘膜を傷つけるので
・成長が遅い
・下痢
・食欲低下
などの症状を引き起こしかねません。

詳しくは別のブログにてご紹介しますので合わせてご確認ください。

 

では、来週も皆様と元気に会えることを楽しみにしています。
※なるべく毎週月曜更新を目標に頑張ります!

 

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

谷田家にゃん日誌vol.10 ~侮ってはいけない、猫かぜ~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。

最近は朝晩が冷え込むようになりましたね…。
先日も、涼しくなったから?なのかお腹を壊してくる猫ちゃんもチラホラ。
皆さま季節の変わり目にはご注意くださいね。

さて、どんちゃんのその後のお話です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
うんちが出てほっと一息のどんちゃん。
しかし、目の調子が一向に良くなりません…
鼻水くしゃみは改善したんだけどな~。

実際のお写真がこちら(もっと成長した時のものですが…)
見えづらくてごめんなさい

目が見えていない様子…
病院の先生からは「もう治らない」と言われました。
我が家の家族は
「なにか障がいがあったとしてもそれはその子の個性」
「機嫌よくその子のにゃん生を過ごしてくれたらよい」
というような考えだったため特に精査やこれ以上の治療を行いませんでした。

 

おそらく「眼球癒着」という状態でした。
←カラーアトラスより
結膜同士の癒着や結膜と角膜(目の表面)が癒着する病態です。
猫ヘルペスウイルス(猫かぜの代表格)の感染により、
結膜の傷口から滲出液が分泌され癒着を助長します。

 

治療法としては
・抗ウイルス薬の点眼や投薬
・軽度の癒着であれば剥離
などがあります。

(写真、参考文献:カラーアトラス よくみる眼科疾患58)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どんさんは上記の治療を実施していないので、治療への反応は不明ですが
子猫を飼い始めた方は以下を注意してみてください

①目やに・くしゃみなどの症状が出ている場合、病院で診てもらいましょう
②重度の症状を呈している場合、治りが悪い・症状が残る可能性もあります
③ワクチン接種は必ずお願いします
 ワクチンの接種によってヘルペスウイルス感染を予防できる可能性があります(ただし、100%ではありません)
 特に多頭飼育の方はお家で蔓延する可能性もありますので実施しましょう!

 

では、また次回
皆様と元気にお会いできることを楽しみにしています。
なるべく毎週月曜日に更新できるように頑張ります!

 

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

谷田家にゃん日誌vol.9 ~やっとでた!~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。
最近は朝晩が涼しくなり、過ごしやすい気候が続いていますね。
秋と言えばスポーツの秋、読書の秋、そして…食欲の秋!!
猫ちゃんたちも暑い夏を越して食欲が増すことがあるようです。
ぽっちゃりには注意しましょうね。

←勢いよく食べるくりさん…落ち着いて…

 

さて、前回の谷田家にゃん日誌vol.8(https://neko-kyoto.jp/blog/blog-22451/

子猫ちゃんを病院へ連れて行きました。
今回はそこから数日~1週間後くらいのお話です…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご飯も少しずつ自分で食べれるようになって
だいぶ活発になってきました。
猫カゼの方はまだ少し症状が残っていたと記憶しています。

そんな中
母「食べるようになったけどうんち出てないね…」
とそんな会話をしておりました。

栄養不良があったり、食事量が少ないと毎日の排便がないこともあります。
ただ、ご飯を食べれるようになっても出ていなかったので2人で心配していました。
今日1日うんちが出なかったら、明日また病院に行こうかな…そう話していた夜……

谷田「うわっ!!」

 

なななんと!谷田の足の上でうんちをしてしまいました!!
しかも柔らかい!!!
赤いチェックのズボンだったな~(18年経ってこんなことをまだ覚えています)
お気に入りだったのですが、処分しました…

この時、母はすごく喜んでいましたが、
小学生の私は早くなんとかしてよ~と思っていた記憶があります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

子猫のうんちに関するポイント
①ミルクを飲んでいる場合は柔らかいうんちの可能性が高い
 子猫の間は、ほぼ液体のものがご飯なので便が緩くなる傾向があります
②検便の実施
 寄生虫感染などを調べる必要があります
 万が一、お腹(消化管)に寄生虫がいると子猫ちゃんの成長が遅くなる可能性があります
 なるべく素手で触らないように取りましょう
 乳幼児のお子様など免疫力の低いご家族がいらっしゃる場合はなるべく触らないように注意してください
③うんちが出ない場合は病院まで
 排便介助が必要な子猫たちは病院で排便マッサージの方法などを再度確認してみましょう

 

では、また次回皆様とお会いできることを楽しみにしています。

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

子猫を迎えられた方へ ~子猫育てのいろは~

こんにちは。動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。
9月に入りもうすこしで過ごしやすい気候が近づいてきました。
そして、台風10号の到来などもありいよいよ秋だなと思っています。
※台風や地震の後などにも体調を崩しやすい猫ちゃんは多いので、
いつもと違う様子があればご相談くださいね

 

さて、毎年春秋といえば子猫シーズン!
待合室から「ぴゃ~ぴゃ~」という声が聞こえると
いつも看護師さんとほっこりしています。
今年もそんな季節が近づいてきました。

今回はそんな時期にピッタリ?の子猫育て特集です♪
初めて子猫ちゃんを保護された方も経験者の方も是非見ていただけるとありがたいです。

 

①うちのこは生まれて何日くらい?(参考表を見てみましょう)


(2020.09.10 訂正)

 

②子猫育ての必須アイテム
・子猫ミルク(新生児は病院での処方がオススメ)
・哺乳瓶、スポイト、注射器などの哺乳グッズ(どれが好みかはその子次第…)
・体重計(院内ではキッチン用を使用しています)

  

 

③子猫がどんな風に成長するのか?(あくまでも目安ですが…)

 

④子猫に必要なお世話は?
もっとも手がかかるのは生後0日~2,3週間までの子猫を拾われた方です。
この時期の子猫は
・ごはん
・排尿
・排便
を自らすることが出来ないため、人の介助が必要不可欠になります。
特に最初の2週間ほどは3時間おきに哺乳が必要なため、育猫疲れが出られる飼い主様もチラホラ…

⑤育猫日記の付け方
・日付
・時間
・体重
・排尿、排便の有無
・食事量
が記載できるようなものを作成してみましょう!
ノート、Excelなど使いやすいものであればなんでもOKです。
成猫さんになったときに思い出の品になること間違いなし!

 

その他にも、子猫育てには様々な不安や悩みがつきものです。
是非、お気軽に病院までお越しください。

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

谷田家にゃん日誌vol.8 ~子猫を病院へ連れて行こう!~

こんにちは
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。
なんと、今日でもう8月も終わりますね。
最近は時折、「もうすぐ秋かな」と感じることもありますね。
とはいえ、まだまだ暑いですが…

さて、今回は前回のブログで保護したねこちゃんを病院へ連れて行くところから始まります。
子猫ちゃんは
キジトラの女の子
推定生後2~3週間くらい(だったと思います)

子猫ちゃんには
・痩せている(体重が150gくらいだったかな?)
・目ヤニ、くしゃみが出ている
といった問題が見つかりました。
母猫とはぐれてからご飯を食べれていなかったため栄養不良になっていたことと、
猫の上部気道感染症(いわゆる猫かぜ)
を指摘されました。

 

当時通っていた病院の先生から
・高栄養のミルク
・目ヤニ、くしゃみに対する治療薬(飲み薬だったかな?)
をもらって帰宅。

それから
①数時間おきのご飯
②体重チェック
③かぜの治療
をしていました。

そして、お名前が決まったのもこの頃。
この子が谷田家に来た日がちょうど修学旅行から帰ってきて数日後だったので
志〇スペイン村のキャラクター、ド〇キホーテから
「どん」ちゃん
となずけました

 

ちなみに拾ってから数日は、夜中に息を引き取ってないかすごく怖かったと母が言っていました。
生後数日で保護されたり、かなり弱っている状態の子猫を保護された場合、
適切な保育や治療をしても残念ながら…という可能性も十分考えられます。
保護された子猫に必要なことは何かということを知るためにも、一度病院へご相談くださいね。

子猫育てはこちら↓
https://neko-kyoto.jp/blog/blog-22459/

さて、次回はちょっとした事件が谷田を襲います⁉
いまだに笑い話として家族の中で出てくる話題です。
また皆様と元気にお会いできることを楽しみにしています。

 

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

谷田家にゃん日誌vol.7 ~谷田家に初めてのにゃんこがやってきた~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。
最近は暑さに加えて、突然雨が降り出すなど不安定なお天気が続きますね。

さて、前回まででようやく谷田家にゃんずの紹介が終わりましたが、
今回からどういった形で進めようかと、若干路頭に迷っています…(笑)
…と言っていても始まらないので、ひとまず私が記憶している限りの過去をさかのぼり、
生活や病気の話も織り交ぜていこうかと思います。

 

2002年5月19日
「弱っているから拾ってきた」
と父から箱を受け取りました。
また今年もか~と思いました。
パカっと箱を開けると
『にゃ~』
パタン(蓋を閉じる)
・・・・・・
「ねこっ!!!」

※実は2000年、2001年に同様の感じでスズメを保護しておったのです…
(鳥獣保護法的には捕獲は原則禁止ですが小学生の私は知る由もなく…)

 

母も私もビックリ仰天!!!
もちろん動物全般好きだった私ですが、
実はこの頃までねこちゃんと暮らしたことがなかったのです…
この時に谷田家にいた動物は犬1匹、うさぎ1匹と今よりは少人数(という表現でよいのか)でした。
今までたくさんの動物と生活してきた母も、ねこちゃんは初めて
2人で右往左往していた記憶があります。

 

ひとまず、雨に濡れて弱っていたこともあり
タオルで拭いて乾かして
翌日、動物病院へ行くことにしました

これが、谷田がこれから猫派になるきっかけをくれた子でした。

 

ということで(どういうことで) 今回の3つのポイント
ねこちゃんとの出会いは突然訪れることもあります!
保護された場合
・なるべく早めに病院を受診する(健康状態や感染症のチェック、飼育相談が必要です)
・先住の動物さんがいる場合は接触させない(感染症が移る可能性があります)
・ねこちゃんをご自身で飼うor里親さんを募集するを決めておく

 

次回は、実際に病院へ行った時のことをつづりたいと思います。
ではまた来週お会いしましょう!

 

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

谷田家にゃん日誌vol.6 ~自己紹介 その4~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院 院長の谷田美和子です。

毎日暑い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
8/13(木)~8/17(月)はねこの病院はお盆休診をいただいておりましたが、
皆さま体調は崩されませんでしたか?

 

さて、ようやく自己紹介の最後になりました。
長かったです…。
最後はこの子

名前:玖助(きゅうすけ)←「助」ブームの2匹目
性別:男の子
柄:キジトラ
誕生日:2014年10月15日(ついてきた日)
病院でのニックネーム:大食いモンスター
特徴:鼻のてっぺんが剥げている(何故かは後日…)

時々、JRの手荷物料金を払って(笑)連れてくることがあります
めったに会えないレアキャラですが、
見かけられた際は、是非お声かけ&何かあげてみてくださいね。

 

動物病院 京都
ねこの病院京都 谷田美和子

谷田家にゃん日誌vol.5 ~自己紹介 その3~

こんにちは。動物病院 京都、ねこの病院 院長の谷田美和子です。
ようやく梅雨が明けたと思ったとたんに連日、真夏日という…
こんなときは人もねこちゃんも体調を崩しやすいのでご注意ください

さて、今回ご紹介する谷田家にゃんずの1匹は…
谷田家のねこ長男です!
この子を迎えるまで5匹飼っていたのですがみんな女の子でした。

名前:夢玖(むく)←谷田家漢字ブームの初期メンバー
性別:男の子
柄:キジトラ
誕生日:2007年10月6日(拾った日)
特徴:にゃ~と鳴けない「ひゃ~」と鳴く
病院でのニックネーム:お地蔵さん(病院に来ると全く動かなくなる…)
今のところ健康優良児!

 

若い若いと思って生活をしていましたが、もう13歳目前でした⁉
ブログ書いていて改めて認識しました…
我が家も健康診断(血液検査や尿検査など)を実施いたします!
高齢になったねこちゃんは少し詳しくSDMA(腎臓早期マーカー)や甲状腺マーカーを合わせてみておくことがオススメです!!
同年代のねこちゃんとお過ごしの皆さんも一緒にやりましょう!

さて、いよいよ次回で自己紹介編完結です。
(長かったですね…)
最後はご存じの方もいるかもしれませんが、我が家の末っ子ちゃんが登場します。
ではまた次回、皆さま元気でお会いしましょう!

 

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

谷田家にゃん日誌vol.4 ~自己紹介 その2~

こんにちは
動物病院 京都、ねこの病院 院長の谷田美和子です。

もうそろそろ梅雨が明けそうですが…
最近お天気が良い日はかなり暑い日が続きますね…
こんな時期はねこちゃんも体調を崩しやすいのでお気を付けください。

さて、今回は「谷田家にゃん日誌vol.3」にて登場いたしました
おばあちゃんねこの自己紹介をさせていただきます。

 名前:ちび
性別:女の子
柄:白黒ハチワレ
誕生日:2004年6月26日(拾った日)
性格:ぼんやりしている
病院でのニックネーム:だんごむしちゃん
持病:肥大型心筋症、頭蓋内疾患疑い(幼少期からの行動より)

 

谷田家のアイドルです♪何をしても許してしまえる…
16歳ですが、元々小柄だったこともありいつまでも若いと思ってしまう今日このごろ…。
昨年、実の母猫さんが肺の腫瘍で亡くなってしまいましたが、
気づいたのが1年くらい経ってから!?と思わせる行動をしておりました(汗)

そんなちびさんから一言
「私はまったりのんびり生活しています。こんな老後も悪くにゃい♪」
こんな風に何も考えずにまったりと過ごしてみたいものですね。 では、また次回をお楽しみに♪

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子

1 2 3 4 5 8