谷田家にゃん日誌 vol.43 ~あの黒猫は誰⁉~

こんにちは
動物病院 京都、ねこの病院 院長の谷田美和子です。

12月に入り、さらに寒くなった気がしています。
毎朝布団から出るだけで一苦労です……


さて、前回のにゃん日誌vol.42で突然発表した黒猫ちゃん。

診察に来られた飼い主様から

「あの子どうしたの?」というお声をたくさんいただきました。

(いつもこんなブログを見ていただいてありがとうございます。)

今回はあの子の紹介をしたいと思います。

 

名前:陽(はる)

性別:オス

生年月日:2021年5月頃

性格:やんちゃ、ちょっとおバカさん…

 

 

 

前回のブログで「ワケあり」と表記していた件ですが

実は彼には両目がありません

 

そう、猫ちゃんの特徴ともいえるビー玉みたいなきれいな眼球(黄色の矢印)がないのです

 

 

 

 

 

 

 

保護された時点で、このような両目がない状態だったので何があったかは不明です
(もしかしたら感染症などが原因だったのかもしれません)

 

とにかく人を信頼しきっているというか…そんな様子だったので

うちに家族として迎えて過ごしたいということでやってきました。

 

名前の由来は

眼がない=くりさんのように光を感じたり見たりできない

ので

少しでも光を感じられるような暖かい名前

ということで

「陽」

と命名しました

※この時点では、目が見えないことで不自由もするだろう(かわいそう?)

 という思いが谷田の中にもありました

 ・・・・・・が生活していく中で、そんな思いはすべて裏切られることになります(良い意味で)


さて、新しく谷田家の仲間入りを果たした陽

実は子猫と生活するのは10年ぶりくらい・・・

どうなることやら・・・です。

次回からはくりさん&陽とともに日常起こったあんなことやこんなこと

生活の注意事項なんかを綴っていければと思いますので

お時間ある方はのぞいてみてください


動物病院 京都
ねこの病院
院長 谷田美和子