谷田家にゃん日誌 vol.28 ~それは突然やってくる?腎臓のお話~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院 院長の谷田美和子です。

例年の梅雨と違い、気温が高くないので
じっとり感は少ないかなと思いながら過ごしています。

先日、思いのほか梅雨入りが早く、
洗濯できていない炬燵布団の間に挟まっていたくりさんです。
↓↓↓

やる気ないね・・・

 

 

 

 

さて、長らく滞っておりました
「谷田家にゃん日誌」ですが今回の登場人物はこのくりさんが主人公です。


2018年1月11日 夜  谷田、病院から帰宅後

母「くりちゃん、なんか元気なくて何回も吐いてるしご飯も食べへんねん」

谷田「吐くことはよくあるけど、ご飯食べへんの変やな・・・

   最近、また痩せてきてるしな・・・」

 

ゲッコ、ゲッコ・・・

谷田「明日、病院連れて行こう」

~~~~~翌日~~~~~

・血液検査 腎数値が上がっている⁉

 

 

 

 

・腹部超音波検査 左の腎臓が萎縮している⁉

 

 

 

 

 

 

右腎:約3cm

 

 

 

 

 

 

左腎:約1cm

 

急性腎障害と仮診断。

(腎臓の萎縮については慢性経過だろうな…と思っていましたが)

治療をすべく、急遽入院することになりました…


【来院のポイント】
・突然の元気低下
・突然の食欲不振 
・嘔吐(回数) 
・痩せてきている

をみて、谷田は受診を決めました。
もし、皆さまのねこちゃんでも同じような症状がある場合、
ご相談いただけると幸いです。

 

次回は、このお話の続きです。
はたして、くりさんはよくなってくれるのでしょうか…?

動物病院 京都
ねこの病院 院長 谷田美和子