谷田家にゃん日誌 vol.14 ~仲良くなれるのか?~

こんにちは。
動物病院 京都、ねこの病院院長の谷田美和子です。

 

本日で11月も終わりますね(投稿日2020年11月30日)。
全国的にはまた新型コロナウイルスの感染が拡大しているようですので、
皆さま体調管理をしっかりしましょうね。

さて、突然多頭飼育への道を歩み始めた谷田家…
どうなるのでしょうか…


「今日からうちの子だよ~」

とご対面

最初は見たことのない生物にシャーシャー言っていたどんさん…

(自分が猫だという認識0ですよね…これまたよくある話…)

しかし、子猫(くりさん)の方はどんさんを追いかける

そのうち、追いかけっこや毛づくろいなど仲睦まじい様子に…(1~2週間くらいだったかな?)

 


この時の谷田は、多頭飼育第一歩の知識が0であったため、

今思うと危ない対面をさせてしまっていました…
時折、先住猫さんが体調を崩す事案もあるのでお気を付けください。

一般的に言われている、新しい猫ちゃんの導入方法はコチラ↓
①隣り合う2部屋用意し、それぞれ1匹ずつ放します
 ※お部屋が難しい場合は、新しい子をケージに入れて先住さんはフリーの状態などでもOK

②間の扉を、猫ちゃんが出ないくらい少し開けます

③ここで、様子を見てみましょう
 どちらかが気にしている様子はありますか?
 それともシャーシャー言っていますか?

④落ち着いていれば、ご飯やチュールなどを扉越しにあげてみましょう
 ※お見合いの時にお茶やご飯を頂くイメージでしょうか?

※②~④を慣れるまで(シャーシャー言わない、顔見知りになるくらい)続けます

⑤慣れてくれば5分くらいご対面させてみましょう

⑥徐々に時間を長くしてみて完了です!


新しい子を迎えられた方はぜひ試してみてくださいね。

上記はあくまでも1例です。うまくいかない場合は、ご相談ください。

 

また、明日(12/1)からねこの病院の診察が全曜日予約診察になります。
飼い主様ご自身でのLINE@予約がシステムトラブルで開始日延期となっていますので、
診察をご希望の場合はお電話(075-464-0222)またはご来院にてご予約ください。

※毎週更新できるように頑張ります。
 といいつつ、いつも遅れての更新となり申し訳ありません…。

 

動物病院 京都
ねこの病院院長 谷田美和子